2009年11月14日

MS09-067(KB973475)でExcelのピボットテーブル使用時に強制終了

検索キー: Windows XP, KB973475, Excel, トラブル

2009年11月11日のMicrosoft Updateで入ったセキュリティ更新プログラムを導入すると、Excelの過去に作ったピボットテーブルの範囲を再設定する際に、ピボットテーブルウィザードを開き、「戻る」ボタンを押すとExcelが強制終了されてしまう現象がありました。確認した環境はWindows XPSP3、Excel 2003です。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS09-067 - 重要 : Microsoft Office Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される (972652)

簡単なピボットテーブルを作り試してみましたが、現象は確認できませんでした。過去に作った複雑なものについては100%起こったようです。新規で作るものでは起こらないのか、複雑なものだから起こるのかは追求はしていません。強制終了されてしまうというのは複数人から報告があり、パッチをアンインストールすることで現象がなくなりました。

対処方法は、
スタート - コントロールパネル(S) - プログラムの追加と削除
 ■更新プログラムの表示(D) ←チェックを入れる
「KB973475」を探し「削除」
Windowsの再起動。

以上です。
posted by TechOPE at 00:50| Comment(2) | WindowsTips
この記事へのコメント
ありがとうございました。同様な現象が起こってました。チェックしてからリリースして欲しいですね
Posted by いい at 2009年11月22日 12:27
大変助かりました。全く原因が分からず悩んでいました。ありがとうございました。
Posted by たなとも at 2009年12月04日 10:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。