2008年10月28日

MS08-061(KB954211)でブルースクリーン

検索キー: Windows XP, KB954211, ブルースクリーン, トラブル

2008年10月15日のMicrosoft Updateで入ったセキュリティ更新プログラムを導入すると一部のPCでブルースクリーンが多発する現象がありました。確認できたのはWindows XPSP2の入ったPCだけです。業務上OSとSPを統一しているためその他の環境では確認できていません。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS08-061 - 重要 : Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される (954211)

これが導入されると、STOP: 0x000008E Win32k.sysが発生することがあります。VGAドライバとの相性が悪いようでデュアルディスプレイを接続・解除時や、スタンバイ時などディスプレイの状態を変更しようとした時に起こるようです。

対処方法は、
スタート - コントロールパネル(S) - プログラムの追加と削除
 ■更新プログラムの表示(D) ←チェックを入れる
「KB954211」を探し「削除」
Windowsの再起動。

以上です。

■追記 2008/11/04
その後の情報ですが、デュアルモニタの切り替え時に不具合が発生するようです。各地で不具合報告があがったそうで英語版のみパッチが公開されています。日本語版の公開及びMicrosoft Updateでの配布は現在されておらず、サポート契約をしている会社であれば入手可能みたいです。
サポート技術情報の記事番号: KB959252

◇マイクロソフト公式ページ(英語)
Error message when you switch the operating system from a dual monitor setting to a single monitor setting on a Windows XP-based computer that has the security update 954211 installed: "Stop 0x0000008E"

◇英語版パッチ
Download details: Update for Windows XP (KB959252)


■追記 2008/11/06
日本語版のパッチが公開されました。

◇修正内容
セキュリティ更新プログラム KB954211 (MS08-061) のインストール後に "0x0000008e Stop" エラーが表示されるという問題が修正されます。
◇日本語版パッチ(KB959252)
Windows XP 用の更新プログラム (KB959252)

■追記 2009/03/26
再度確認したところ更新内容は不明ですが2009/02/06にパッチが更新されていました。
WindowsXP-KB959252-v2-x86-JPN.exe
◇日本語版パッチ(KB959252)
Windows XP 用の更新プログラム (KB959252)
posted by TechOPE at 22:12| Comment(3) | WindowsTips
この記事へのコメント
どうもありがとうございました。
この情報に大変助けられました。
感謝します。

(google で検索してたどり着きました。)
Posted by 名無し at 2008年12月11日 14:02
私も助かりました。ありがとうございました。感謝致します。
Posted by at 2009年02月15日 12:00
感謝感激雨あらし。
自動で更新しろっての。

自動更新で、余計なことするくせに、
感じなもんは、自動で更新されないってのは、
困ったもんだ。。。
Posted by ちゃら〜んっ at 2010年09月03日 13:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。